スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2010年01月30日

ポリスリボルバー対決

皆さんこんにちわ。

今日は2種類の「ポリスリボルバー対決!」って程、大袈裟なもんじゃありませんがご紹介します。
「ポリスリボルバー」と言うと最近はマルシンのポリスリボルバーを思い浮かべる方も多いかと思います。

マルシンのポリスリボルバーのベースとなったのは勿論、日本警察が誇る?「ニューナンブM60」です。
これは、新中央工業(現ミネベア)が日本警察官の為に開発した物、よくS&W・M36チーフスペシャルのコピーと言われますが、実際にはチーフより一回り大きいのです。どちらかと言うとS&W・M10に近いかもしれません。

さて、日本警察といえば「ニューナンブM60」ですがアメリカの警察官は銃をある程度自由に選べます。
最近はオートが多くなりましたが、やはり制服警官というとリボルバーでしょう。

まず、ご紹介するのはS&Wダブルアクションリボルバーの元祖的な銃

「S&W M1917 ハンドエジェクター」です。




この銃はコルトでも同じ名前のM1917が存在する珍しい銃です。
写真は「タナカ モデルガン S&W M1917 ハンドエジェクター4インチ モデル」ですが実際のM1917は6インチモデルです。
これは、映画「インディージョーンズ」で使われた4インチカスタムガンをモデルアップしたものです。
M1917と言えば、オート用の45ACPを3発づつハーフムーンクリップで纏めてシリンダーに装填するのが有名ですが、この「タナカ M1917」はイギリス輸出用の455ウェブリー弾使用ですので、ハーフムーンクリップは使いません。(少し残念ですが・・・・)


次にご紹介するのは「S&W M15 コンバットマスターピース」です。



この銃は、S&W・M10 ミリタリー&ポリスの発展型です。
357マグナムにも耐えうる「Kフレーム」を使ったM15は信頼性も高く一昔前のアメリカンポリス拳銃の代名詞みたいな銃です。

使用弾は38スペシャル弾です。
写真は「ハートフォード モデルガン S&W・M15 コンバットマスターピース」です。


このM15のステンレスモデルはM67といい、これに続く「M68」はTVドラマ「白バイ野朗 ジョン&パンチ」でお馴染みCHP(カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール)の専用モデルとして生産されました。
M68にエジェクターロッドシュラウドを付けた形になりましたから、殆ど「S&W・M66コンバットマグナム(M19のステンレスモデル)」ですけどね。

   

どうですか?似てはいますが違いが判りますか?




洗練されたデザインの「M15」も良いですが、何となくブサイクカッコイイ「M1917」も捨てがたくないですか?

オートマチックもいいですが、たまにはリボルバーも雰囲気あっていいですね!




タナカ S&W・M1917はコチラ


HWS S&W・M15はコチラ







タナカ S&W・M1917(携帯からはコチラ)


HWS S&W・M15(携帯からはコチラ)










  

Posted by マッドポリス at 12:00Comments(0)製品インプレ

2010年01月29日

マルシン M586 キットモデル

皆さんこんばんわ。

いつも、商品の良い事ばかり書いていると信用されんかも?
って思い、今回は少し苦言を言ってみます。

ここ最近、各メーカーのキット物の製作を行っているのですが、最近、マルシンのキット物がガスガンでも
多くなってきましたね。

SIG P210や南部14年式、更にはモーゼル98kまでもがキットで発売されます。
確かにキット物では歴史があるマルシンですから説明書の作り方も上手く初心者の方でも安心して組める・・・・・・はず・・・・

マルシンさん?作る気ある?

コレは、今日組み立てた「S&W M586」のキットの説明書です。

説明書1説明書2
わかります?コピーですよ!明らかに!しかも繋ぎ目もズレた!
あまりにも酷くないですかねぇ?

この商品このまま販売したら、間違いなく当店がコピーして売っているみたいですよね!

確かにコストを下げてお求め易い価格にするには「キット」って言うのも手法の一つでありますが・・・

ここまで、ケチらんでも・・・・・

恐らく、出荷時に印刷が間に合わないとかの理由だとは思うのですが・・・・・

はぁ・・・・・
なんとも言えませんねぇ。

因みに商品の方ですが、これはちゃんと組めます。(当たり前か!)
M586完成品
しかし、最低限「プラモデルを作れる!」とか「ヤスリを使える!」という条件付きです。
バリ

マルシンのHPにもキット物は「各部を削ったり、調整したりといった作業が必要になります。」って書いてあります。この辺りはHPで書いているとおりですね!

まぁ、価格も安いですから仕方が無いかも知れませんがね。

当店では、「組立済みキットモデル」の販売も行っております。

キットモデルの価格で完成品をお届けできる商品です。
組立に自身の無い方・お時間が無い方、是非どうぞ!


大阪ガンショップ マッドポリス 組立済みキットモデル





携帯はコチラから。


  

Posted by マッドポリス at 12:00Comments(0)製品インプレ

2010年01月20日

CAW 32オート

その昔、MGCから発売されていた「コルト32オート」


作動性の良さで、当時の映画・TVに引っ張りダコでした。


その「コルト32オート」をCAWが再販してくれました。

しかも、HWで!


caw32auto


作動は「CP-HWカートリッジ」で、鋭いブローバックです!

発砲音は「リボルバーか?」と思うほどの轟音で、マズルフラッシュも派手に出ます。


重量はこの大きさに対して500gオーバーですから、ズッシ!とした感覚で期待を裏切りません!



素晴らしい「CAW 32オート」是非ご覧下さい。 






携帯はこちらから。 





  


Posted by マッドポリス at 17:00Comments(0)製品インプレ

2010年01月19日

ハートフォード コルト・ウォーカー ケースハードン

皆さん、こんばんわ。

去年ハートフォードさんから発売された、 「コルト・ウォーカー」


ミリタリー好きの方は、あまり興味を持たれないでしょうが、なかなか、素晴らしいモデルガンです。


「コルト・ウォーカー」っていう銃は1847年に製造された、言わば古式銃の部類に入ります。


古式銃といっても「コルト・ピースメーカー」に引き継がれるコルトを代表する銃なので、デザインは素晴らしいものがあります。





全長40cm 重量約2kgと現在の銃では考えられない「バカデカい」銃は存在感バツグンです。



この「ハートフォード コルト・ウォーカー」はこのバカデカさを十分表現しており、重量も樹脂製とは思えない1.1Kgです。片手で持つと手首が折れそうな程の重量です。


しかも、このモデルはハートフォードお得意の「ケースハードン仕上げ」が施されています。


ケースハードンとは鉄に焼き入れを行った際に出来る焼き模様の事で、1丁として同じ模様はありません。

これを、ハートフォードは数種類のブルー液を使って見事に表現しています。



ブルーイングを行った事のある方はお分かりでしょうが、1日2日で出来る仕上げではありません。



間違いなく、リビングに飾れる銃です。


一度是非ご覧下さい!。




携帯はコチラから。



  

Posted by マッドポリス at 23:45Comments(0)製品インプレ

2010年01月19日

あぶない刑事 ユージのローマン

最近の刑事ドラマはリアル志向が強くて面白いドラマが少なくなってきました。

一昔前なら、やはり「あぶない刑事」ですよね。

その、「あぶデカ」の中で柴田恭兵さん演じる大下刑事が使っていたのが「MGC コルトローマンMkⅢ」しかも、旧タイプのローマンであった。

今回は、そのローマンを収めていた「ホルスター」のご紹介です。

当時、東京の上野に「テキサス」という店がありました。

このアップサイド式ホルスターは「劇場版 あぶない刑事」「劇場版 またまた あぶない刑事」で大下刑事が使用したモデルと同じです。

アップサイド式とは銃を逆さに吊るした形になります。
自然な方向で抜く事ができるので、ドロウした後射撃姿勢に入りやすい長所があるものの、構造的に銃をホールドする方法がゴムなどのテンションによるホールドなので、激しいショックで抜け落ちるという欠点もあります。

このホルスターの右側には予備カートを収めるホルダーがあります。
使用感はカートをバラバラに収めるホルダーなので取り出すのも一苦労します。

ハーネスは後ろから見れば、X型に見えるXハーネスです。

実用性はともかく、雰囲気はサイコーのホルスターですね。  

Posted by マッドポリス at 17:00Comments(1)映画・TVドラマ

2010年01月08日

レオンのカバン

皆様、明けましておめでとうございます。正月ボケもようやくマシになり、少し真面目の働こうか!と動き出したところです。

さて、今日は映画「レオン」のお話を。

最近「レオン」で検索すると殆どが「バイオハザードのレオン」が出てきますが、レオン言えばジャン・レノとナタリー・ポートマン主演 リックベンソン監督の「レオン」です。

少し前に流行った、チョイ悪オヤジ雑誌「LION」のネーミングの元にもなった、この映画。
最近では安売りDVDコーナーでも見かけます。

内容は天涯孤独の主人公レオン(ジャン・レノ)はの稼業は殺し屋。ある日レオンの住むアパートの隣人の一家が麻薬取締局の刑事に殺される。この家の少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)たった一人残され隣人のレオンに助けを求める。
ここから、レオンとマチルダの奇妙な生活が始まり、次第に少女マチルダとレオンに愛が芽生える。

と書くとロリコン映画みたいですが、そんな事ありませんから未だ見てない方是非ご覧下さい。

この映画にはカッコイイ!アイテムが多く登場します。

上の画像でジャン・レノが手にしてるのは、M16A2ベースのスナイパーライフル。

分解して革張りのケースに入ってます。
殺し屋らしいアイテムです。

中でも私の心を離さないないアイテムは
レオンがハンドガンを収納しているアンティークな革張りカバンです!


中には、ガンラックが入っておりハンドガンが5丁、前蓋の所にSMGが1丁収納されています。
ガンラックには引き出しが2つあり、中にはサイレンサーや予備マガジンが入っています。

劇中マチルダはレオンの部屋に置いていた、このカバンを開けてレオンが殺し屋だと知るのですが、アンティークなカバンの中がガンラックになっていると言う意外性に、見ている者全てが驚いたものです。

実は、このカバンを今製作中です!
まるまるレプリカではありませんが、少し小型化して作っています。

完成間近ですが、出来上がったらアップしますのでご意見をお聞かせ下さい。
  

Posted by マッドポリス at 16:02Comments(0)映画・TVドラマ