スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2014年03月08日

ダイヤモンドバック 修理編


今回は、懐かしの”国際 ダイヤモンドバック”の修理です。


若い人はあまり知らないモデルですが、パイソンの38スペシャル版がダイヤモンドバック
無骨なデザインは今でも人気のあるモデルです。


シリンダーヨークの軸折れ。
古い亜鉛合金なんで、こういった場所がよく破損します。


ってなわけで、折れた軸の中心に穴を空けます。
旋盤で加工しますが、当り面が真っ直ぐでないので中心がとりにくいんです。


空けた穴に入れるように、新しい軸を真鍮で削り出します。


出来上がった真鍮の軸をヨークにねじ込みます。
ネジ山が曲がっていると真っ直ぐ付かず、斜めになるので慎重に作業します。
失敗したら、代替えパーツは無いですからね・・・


飛び出た部分を削除して研磨を行い表面処理を行うなうと、こんな感じで出来上がります。

古いモデルの修理は、破損部分だけでなく他の部分にも気を使います。
破損が起こっているという事は、他の部分も”もろく”なっている訳ですから、修理中に他のパーツが破損する事も・・
今回は上手くいきました!




  

Posted by マッドポリス at 20:35Comments(4)製品インプレ