スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2015年06月15日

CYMA M870猟銃カスタム その②


皆さんこんばんわ!

昨日ご紹介した”CYMA M870 猟銃カスタム”
手伝いエグ君のワガママで作るハメになってM870のベンチレーテッドリブ

個人的な好みで”ハイリブ”仕様にしてやろう!

3mm厚のABS板をMODELAで加工しています。

加工機械の大きさの都合上20cmまでしか作れません。
これを3枚作り、つなぎ合わせます。

ってな訳で出来上がったリブはこんな感じです。

こうなると猟銃独特のフロントサイトも欲しくなります。

5mmの真鍮丸棒を旋盤で加工し、

こんな感じのフロントサイトを製作しました。



で、出来上がりはこんな感じです。


手伝いエグ君もご満悦の仕上がりになりました!

好みは別れるかとは思いますが、やっぱりリブ付バレルはカッコイイです。

お手頃価格のCYMA レミントンM870ですから、ここまでカスタムしてもリーズナブルですね。



気になる方はお問合せ下さい!

  


Posted by マッドポリス at 21:58Comments(4)

2015年06月14日

レミントンM870 エアコキ CYMA


皆さんこんばんわ!

今日、うちをいつも手伝ってくているエグ君が面白い物を持ってきました。

海外製CYMAのレミントンM870
エアーコッキングで3バレルのショットガン。マルイで言えばM3のM870版ですね。
オールABSで軽いのですが、なかなかよく出来ています。
しかも実売価格が¥7000程度と非常にリーズナブル。


ロングマガジンチューブのタクティカル系ショットガンなんですが、オイラの勝手な好みで


「猟銃仕様にしようぜ!」
と半ば無理矢理、しかも思いつきでカスタムしてみました。


このCYMAのM870 マガジンチューブは簡単に取り外せます。

ところがチューブエンドはこの様に穴のあいたままに。
しかも、このチューブエンド。少し長いんですよね。


そこで、チューブエンドを旋盤で短く加工します。

そして、テキトーなアルミ板で蓋を作っちゃいます。
マルイ同様マガジンチューブ内にシェルが入るタイプじゃないんで、チューブエンドには力がかかりません。
単なる飾りですね。

ってな訳で、短縮したチューブエンドを取り付けると


うーん!なかなか猟銃っぽくなりました。
日本国内の散弾銃は2発以上装填出来ない様にしないと、許可が下りないので短いマガジンチューブになるんですね。

ここまでやっちゃうと、「ベンチレーテッドリブも欲しいっすよね!」
と、エグ君のわがままが炸裂!

まぁ半ば強引にショートマガジンにしちゃいまいたので、リブも作ってみます。

続きは次回で!






  


Posted by マッドポリス at 21:56Comments(0)

2015年06月14日

刻印まつり!まだまだ開催中!


皆さんこんにちは!

マルイMEUにリアルな刻印を施す
”刻印祭り!”
ご好評にお応えしてまだまだやってます!


スライド左面に実銃同様のSPRINGFIELD ARMORY刻印を施して
通常価格¥5000→刻印祭り価格¥3000-


ガスブロ全開のこの季節!MEUをドレスアップしてみてはいかが?



  
タグ :MEU刻印


Posted by マッドポリス at 20:58Comments(0)

2015年06月13日

MEU刻印祭り!まだまだやってます!


皆さんこんにちは!

マルイMEUにリアルな刻印を施す
”刻印祭り!”
ご好評にお応えしてまだまだやってます!


スライド左面に実銃同様のSPRINGFIELD ARMORY刻印を施して
通常価格¥5000→刻印祭り価格¥3000-


ガスブロ全開のこの季節!MEUをドレスアップしてみてはいかが?



  


Posted by マッドポリス at 19:58Comments(0)

2015年06月09日

久々にモデルガンです。


皆さんこんばんわ!

今日は久々のモデルガン
スタイリングはピカイチのCAWのM1911A1

流石に実銃からモデリングしただけあって、最高のM1911A1なんですが・・・
スライドストップノッチの欠けや、バレルの割れなど耐久性の問題が・・・

今回のご依頼もバレルが割れたので修理して欲しいとのご依頼。
耐久性を考え、GM7のバレルをスワップしました。


勿論、加工は必要ですが流用は可能です。
バレルリンクは新規設計の真鍮製。デトネーターはステンレス削り出し。


更にCAWのノーマルはマルシン同様のバレルリンクにスプリングを掛けてバレルを後座させるシステム。
この方式だと鉄板のような薄いバレルリンクになってしまいます。この薄いバレルリンクは応力を集中させてしまう為、破損の原因になります。
GM7同様3mm厚のバレルリンクにした場合、バレル後座システムを別に作る必要があります。

その為、リコイルスプリングガイドにリンクを押すプランジャーを増設。
バレルリンクはバレルが寝やすいような形状になっています。
この辺りの形状は経験値によるモノになります。
余り後座する方向に強い力がかかると、スライド閉鎖時に抵抗になり閉鎖不良の原因になります。

と言う事で、今回はCAWガバのGM7バレルスワップでした。





  


Posted by マッドポリス at 20:57Comments(0)

2015年06月05日

久々のブログはレア品です。


皆さん、ご無沙汰しちゃってました!

バタバタ続きで更新サボってたら一月近くも更新していませんでした・・

そんな訳なんですが、今回は珍しいご依頼品
モノはお馴染みコクサイ金属パイソン
症状はシリンダーが回らない。って定番の故障修理なんですが、珍しいのはコレ

フルエングレーブを施したコクサイ金属パイソン

彫り師(って言い方でいいのかな?)は有名な井浦センセーの作品。

見事な作品です。

初めて井浦センセーの作品を生で見ましたが、感動モノですね。
エングレーブって嫌う人もいらっしゃいますが、生で見るといい物ですよ!

ってな訳で、ブログ頑張って更新しまーす!


  


Posted by マッドポリス at 20:02Comments(0)