2015年06月14日

レミントンM870 エアコキ CYMA


皆さんこんばんわ!

今日、うちをいつも手伝ってくているエグ君が面白い物を持ってきました。

海外製CYMAのレミントンM870
エアーコッキングで3バレルのショットガン。マルイで言えばM3のM870版ですね。
オールABSで軽いのですが、なかなかよく出来ています。
しかも実売価格が¥7000程度と非常にリーズナブル。


ロングマガジンチューブのタクティカル系ショットガンなんですが、オイラの勝手な好みで


「猟銃仕様にしようぜ!」
と半ば無理矢理、しかも思いつきでカスタムしてみました。


このCYMAのM870 マガジンチューブは簡単に取り外せます。

ところがチューブエンドはこの様に穴のあいたままに。
しかも、このチューブエンド。少し長いんですよね。


そこで、チューブエンドを旋盤で短く加工します。

そして、テキトーなアルミ板で蓋を作っちゃいます。
マルイ同様マガジンチューブ内にシェルが入るタイプじゃないんで、チューブエンドには力がかかりません。
単なる飾りですね。

ってな訳で、短縮したチューブエンドを取り付けると


うーん!なかなか猟銃っぽくなりました。
日本国内の散弾銃は2発以上装填出来ない様にしないと、許可が下りないので短いマガジンチューブになるんですね。

ここまでやっちゃうと、「ベンチレーテッドリブも欲しいっすよね!」
と、エグ君のわがままが炸裂!

まぁ半ば強引にショートマガジンにしちゃいまいたので、リブも作ってみます。

続きは次回で!












Posted by マッドポリス at 21:56│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。